検索
  • M's-style(masanori)

車線変更の見極め時は・・・

最終更新: 10月5日




シンクロライフコーチMASANORIです。

 



私へのご相談内容では 仕事の悩みが多くあります。

 仕事の悩みの中でも大きく2つに分かれていて

1つは

新しい事を始めて 個人で起業したい

といった ご相談。

1つは

今の会社(仕事)が向いていないので 転職したい

といった ご相談。

 30代独身実家で暮らしている女性Sさん(仮名)

工場で手作業の週3日パート勤務

元々手作業が好きで 趣味は編み物

1年ほど前から 現在の工場で働いています。

 折り畳み式の よく会議室にあるような長い机に

並び座りながらの作業になります。

 女性だけの部署なので そこそこおしゃべりが入りながらの

アットホームな職場とのこと。

 Sさんは 手作業が好きなのですが 作業そのものは

他の人に比べると 少しスピードが遅いとのことです。

 1日の完成ノルマが決まっているそうですが時給制

Sさんは一生懸命に作業をしているのですが

どうしても時間内に収まらなくなり 残業に突入することも

ありました。

 アットホームな環境ではありましたが 段々と話の輪に

入りにくい雰囲気になっていったそうです。

 どうやら 蔭口で残業目当てでゆっくり仕事をしていると言われる

ようになってしまったそうです。

 工場の仕事は好きなので続けていきたいですし

実家へ生活費も入れているので 仕事を辞めたくない

と言った ご相談でした。

 対面でのセッションでしたので目の前に

座っています 時折なぜか 

手先というか指先を気にされている様子

 手を見せて頂きましたら

ほとんどの指が 第一関節から曲がっていて

指を伸ばせない状態

いわゆる ばね指になっていました

 お話をお伺いすると

やはり 今の職場で働いてから最近 指が変形してしまったとのことです。

 手先を使う作業と ストレスから症状が加速してしまったみたいです。

 作業には支障がないとのことでしたが

趣味での編み物はしなくなってしまったそうです。

 辛いとこが増えて楽しみを減らしてしまい

ますます ストレスが溜まってしまっています。

Sさんのお話では

このまま 同じ職場で働いても 治りそうにないとのことでした。

 題名にあります 車線変更とは 車両の走る道路でのお話ではなく

人生の車線をどのタイミングで行うのが正解かは 後になってみないと

わからない場合が多いとは 思いますが

身体の変調は 1つのサインだと思ってみたほうがよいですね。

 お話をお伺いしていると 

どうも 

工場の仕事よりも やりたいことが

あったようです。

 ですが 

経済的な事や様々なことで そちらの車線に進めないと

考えてしまっていて 

無理やり 

今の職場が好きと言い聞かせていたようです。

 宇宙は

趣味にも仕事にも1番重要で一番イタイ所を攻めてきて 強制的に

車線変更を促す事もあるようです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

7回の閲覧

Copyright©2019 by M's-Style All Rights Reserved.