検索
  • M's-style(masanori)

穏やかな生活へ近づくために

最終更新: 10月24日


シンクロライフコーチMASANORIです。


ひとつのことに心をとらわれて、そこから離れられない」

 この心の状態を執着と言います。


 ひとつのことの中には「人」や「物」どちらにも当てはまります。

 意味を見てみると 綺麗な印象になるのですが


 「スポーツや勝負事で勝ちに執着する」

これは カッコ良いですね


 「お金に対して執着する」

こちらは どうでしょう?あまり良い印象は受けなくなります。


 どうやら

執着というシロモノは使いどころが肝心の両刃の剣のようです。

 とは言うモノの 

「執着心を手放して幸せになる」って言葉もよく耳にすると思います。

 たしかに 最初の意味にあるように なにかにとらわれていたなら

幸せになれなさそうですよね。

 私が 執着していたと気が付いたのは 会社勤めをしていた頃に

同僚との会話でした。

 連日雨が続いていて洗濯が大変だよねーって話の中で

パンツを何枚持っている?って話しになりました。

 その中の1人は パンツは2枚で奥さんが毎日洗濯してくれているので

2枚で間に合っています。

 と話して 他の人達も10枚以下でした。

 なんと私は パンツ30枚くらいと話したら 

そこに居た全員にビックリされました。


 自分では多いとは思っていなかったので意外だったのと

他の人達の必要数の少なさにも 驚いた覚えがあります。


 たくさん持ってはいるものの コレクションとかでは ないですし

無意識で増えていただけなので 高級品でもありません。

 退職する頃には 30枚あったパンツも自然と10枚程度に減っていました

無意識に執着を手放していたのだと思います。


 会社(当時の仕事)への執着下着への執着が繋がっていたのかなと思います。

私の場合 執着していたことに気が付いていなかったので 

苦しい期間が長くなりましたが 運が良く手放すことができました。  


執着・執着心の原因は 意識的に執着の原因をみつけて手放すこともできます。

望まない現状から解放されて心穏やかな生活に近づけるようになります。


最後までお読み頂きありがとうございました

0回の閲覧

Copyright©2019 by M's-Style All Rights Reserved.