検索
  • M's-style(masanori)

ストレスとの付き合い方


シンクロライフコーチMASANORIです。



 「ストレス」を感じることってありますか?


 実は 私「ストレス」ってどんなものかわかりませんでした。

20代前半の頃 額のすぐ上の髪の分け目の辺りに 小指の第一関節くらいの

大きさで髪が抜けていて ツルツルしている部分を見つけました。


 髪をかきあげる度に 指の間には大量の髪の毛が付いてきて

お風呂場で髪を洗えば 排水溝が詰まるほど 大量に抜けて行きました。


 気が付いた時に頭頂部は 河童のようになっていたのです。


 慌ててと言っても遅いのですが 皮膚科を受診

その時に 先生に言われた言葉は


「普通の人なら最初に指先程度髪が抜けている部分を見つけたら

すっ飛んで受診にくるよ。君のようにここまで抜けてから受診に来るような

神経の太い人は 円形脱毛症にはならないんだけど・・・」



 そうなんです 神経が太いのか細いのかは わかりませんが

私には「ストレス」ってどんな状況のことを指すのかわからなかったので

脱毛の進行が進んで 小さな円形が大量に出来てそれが繋がってしまい


 手のひら以上の大きさまで髪が抜けてしまっていました。


当時は独身で付き合っている女性もいなかったので 本当にこの世の

終りみたいな感覚になっていました。


 「ストレス」を感じ取れていれば ここまで進行する前に なにかしら

対処ができたかもしれないのです。


 その後 無事に髪の毛は生えてきて 今でも髪の毛の数は多いと美容師さん

からお墨付きをもらっています。


 この世の終わりだと思っていて まだ髪の毛が抜けている時にお付き合いが

始まった女性と無事に結婚することが出来ています。



「ストレス」を感じたら早めの対処ができるので 良い事だと思いますし

「ストレス」を感じ取れなくても その後に良い影響があることもあります


 周りにも自分にもどんなことにも

責めることなく上手に付き合っていってほしいものです。


 辛いなぁ大変だなぁと思っていてもいなくても 「ストレス」は蓄積されているようです

どの様な状況であっても 必ず道はあるものです。


 回り道しても戻り道してもゴールへと繋がっている道が用意されていることを

信じていてください。



今でも私は鈍感なのか「ストレス」ってイマイチ曖昧なまま生きています。

きっとそれでいいんだなぁと感じています。


そうそう!!

 周りの人って私のことを 見ているようで見ていなくて

見ていなそうで見ているみたいです。


 謎かけみたいですが こちらの気の持ちようでどうにでもなるのが

世の中ってことみたいですよ。






最後までお読み頂きありがとうございました。









4回の閲覧

Copyright©2019 by M's-Style All Rights Reserved.